Ring

TOP Ringとは 国内活動 海外活動 協力団体
コンサート 料理教室 就活イベント スポーツ大会  
NNS2010 NNS2011 NNS2012 NNS2013 NNS2014

昨年、就職氷河期と叫ばれている中、学生の就活に対する意識を変えるきっかけをつくったNNS。
『私たちも自分の力で就活生に力を与えたい!』
それが今年のNNSの始まりでした。

昨年、先輩方の想いがカタチになったイベントを、今年は私たちの手でどのようなカタチにするか、業界はどうする?参加企業はどうする?イベント内容はどうする?はたして昨年以上のイベントを自分たちで作れるの?・・・やると決めたのはいいですが、問題や不安は山積みでした。

最初に企業担当の仲間と共に、参加いただく企業へのアプローチから始めました。
去年も参加してくださった企業もあったので、内定者集めは一見、順調そうでした。しかし・・・集まった企業を見ると、

『ブライダルしか集まってない・・・。』

去年は参加した内定者の業界がブライダルに偏る反省点があったにもかかわらず、その意識が希薄でした。そのため自分たちのつながりや、新規開拓のテレアポ、mixiなどのSNSサイトなどを駆使し、内定者や企業に積極的に声をかけ、昨年以上のイベントを自分達の手で作りたいと伝え、協力して頂けるように努めました。

その結果、集まった企業はブライダル5社、ホテル4社、旅行3社と業界のバランスもとれ、総勢33名の内定者に達しました。
そしてこの33名によって、第2回2011年度版NNSを創り上げていきました。

   
内定者同志で真剣に議論
 
就活のインタビュー中
 
当日の準備で自身の就活を振り返る

私たちがこのNNSで一番大事に、大切にしたかったことは

『絆』

です。今年のNNSは事前のミーティングもたくさん行い、内定者の絆を同じ同期として永遠のものに深めたい。そして就活生にもこの絆をつなげたい。

そんな想いから生まれたのが
【THIS IS NNS】 内定者の内定者による就活生のためのサイトです。

これは私たちNNSメンバーによるオリジナルのWebサイトであり、一般的な就活情報サイトとは全く異なっています。最大の特徴は就活を体験した内定者の生の声が、企業・業界を超えて33名分掲載されているということです。

主な掲載内容として、
・内定者の就活体験インタビュー記事
・内定者Blog
・就活必勝法
・就活応援ソング
・就活プチ情報(メイク、ES、面接対策)などなど

このサイトによって、イベント当日にこの内定者に会いたい、直接お話がしたいと言ってくれる就活生がいたり、私たち内定者にとってもイベントの前に就活生のためにひとつのものを作り上げたという自信に繋がるなど、『THIS IS NNS』は私たち2011内定者にとっての基盤にもなっていきました。

   
THIS IS NNSのトップ画面
 
お揃いのスカーフをつける
 
配布したパンフレットにもインタビュー記事を掲載

私たちが就活生に1番伝えたいこと。それは、

『就活って楽しい!』

そしてそこから運命の会社と出会ってほしい。それをイベントでどう伝えていくか、私たちはほぼ毎日のように連絡を取り合い、たくさんのミーティングをしました。

そしてNNS本番当日。
会場には皆が同じネクタイ・スカーフを身に着け、心も身なりも絆の深まった内定者が集ってました。

イベント開始と同時に驚いたことがひとつ。
『就活生の数がすごい!』

まだ開始30分前の段階にもかかわらず、続々と集まる就活生。
この様子を見て内定者全員、高ぶる気持ちを抑えきれず、イベントへの期待が確信に変わった瞬間でした。

開会式では私たちの気持ちが溢れんばかりのオープニングムービーから始まり、内定者それぞれが思い思いの決めポーズで登場!

次にグループディスカッションと座談会へと続きました。

グループディスカッションを未経験の就活生も多いと予想し、テーマを【グループディスカッションにおいて大事なこと】に設定。
参加する就活生全員で就活の事を考えられるテーマにしました。

そして座談会。1回30分の2部構成にし、いろいろな内定者に触れ合うことで、いろいろな質問を出来る雰囲気を意識しました。座談会では内定者それぞれが伝えたかったアツい想い −就活ってこんなに楽しいんだよ、いつだって自分たちがついている− を胸に進めていきました。

   
装飾のテーマは「Christmas of Sweets」
 
たくさんの就活生で溢れる受付
 
開始前に内定者と談笑する就活生
   
思い思いのポーズで登場
 
ディスカッションの結果を発表
 
気軽に質問できる少人数での座談会

休憩をはさみ、第二部へ。
模擬面接では演劇のようなテイストで面接に触れてもらい、就活生に客観的に見てもらうことで、面接の大切なところ、マイナスになるところを感じていただきました。

そして昨年好評だった「就活のから騒ぎ」に移りました。これは人気TV番組「恋のから騒ぎ」をアレンジしたもので、内定者が就活に対する失敗談や就活の都市伝説などを司会、ゲストを交えながら、ざっくばらんにパネルディスカッションしました。

ここでは就活生の知りたかったことや、お笑いの要素などもいれ、就活生とより近い雰囲気で楽しめるよう工夫しました。

そして最後に閉会式。
各業界代表の代表者からアツいメッセージ、そして実行委員長が33人を代表し、就活生に伝えたい想いを真正面からぶつけて、エンディングムービーへ。

参加した就活生にとっても内定者にとっても、笑顔や涙なしでは語れない人生で最も濃い4時間を過ごせたと感じました。
   
お茶とお菓子を手に休憩中
 
本番さながらの模擬面接
 
人気TV番組「恋のから騒ぎ」そっくりの
「就活のから騒ぎ」
   
舞台裏では就活生へのメッセージを記入中
 
実行委員長から熱いメッセージ
 
最後にクリスマスカードを手渡す
日時: 2010年12月22日(火) 12:30〜16:30
場所: 新宿国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟1階101号室

(1) グループディスカッション
6人1組で本番さながらのグループディスカッションを体験していただきます。
終了後には内定者からフィードバックもあります。

(2) 座談会
内定者から就活について生の声を聞けるチャンスです!
内定者インタビューも参考にして誰に何を聞こうか考えておくのもいいかも。

(3) 模擬面接
私たちが実際に経験してきたグループ面接の様子をリアルに再現!?
いろいろなタイプの就活生の登場で本番さながらの雰囲気を体験できるかも?

(4) 就活のから騒ぎ
昨年、参加した就活生に大好評だった人気TV番組「恋のから騒ぎ」を真似た「就活のから騒ぎ」。
今年も期待に応えて行います。どんなゲストが登場するか楽しみですね。

(5) 内定者からのメッセージ
最後に3業界それぞれの代表者から熱いメッセージをお届けします。

 
あっという間で濃い4時間になりました。今日のために準備をしてくださった内定者の方の熱い想いで、自分の就活に対する考えの甘さに気付かされました。
 
本当に楽しくて充実した時間を過ごすことが出来ました。内定者の方々の熱い思いに感動しました。こんな企画ができるのはやはりホスピタリティ業界特有ではないかと思います。
 
実は昨日、「もう就活なんて嫌だ」とすごくすごく落ち込んでいたんです。だから今日も正直行こうか迷って・・・。でも、本当に来てよかったです!前向きな気持ちになれました。
 
内定者の皆さんの表情や雰囲気がすごく良かったです。自分自身、就活って一体なんだろうと不安でいっぱいだったのですが、「こうして行動していることが大切なんだよ」という言葉をいただいてすごくうれしかったです。
 
こんなにすごいイベントだと思いませんでした。期待を大幅にこえました。泣くのが恥ずかしくてこらえていたんですけど、最後はこらえ切れなくてボロボロでした。自分たちのことを応援してくれている人たちがこんなにたくさんいるんだって思うと、頑張れそうな気がします。
 
NNSを通して、就活の知識やテクニック以上に仲間の素晴らしさ、仲間とひとつのものを作り上げることの感動を改めて感じました。ここまでひとつのことで泣き笑いできるのは、皆様が本当にNNSのことに一生懸命だったからだと思います。
 
人生の中でもう二度とこんな達成感を味わうことができないのではないか、というくらい素晴らしい経験が出来たと思います。
 
満足すぎて言葉では表せません!・・・ってくらい満足です!プラスの何かを感じてくれたからこその就活生の涙!本当に嬉しかったです。
 
自分自身、本当に楽しませていただきました。途中、準備が大変!と思うこともありましたが、大変な思いさせていただいたからこそ、これほどの達成感と絆が出来たのだと思います。
 
大学ではサークルや部活をしていなかったので、青春することはできないと諦めていました。でも最後の最後で、こんなに笑ったり、泣いたりして青春できるなんて感動です!このことは、社会に出た上での誇りや糧になります!
 
就活生の涙、内定者の皆の涙は一生忘れる事ができません。NNSを通して知り合えた人一人一人を、誇りに思います。就活生にとっても内定者にとっても、頑張る活力になるイベント=NNS。最高のイベントです!
 
内定してから改めて自分の就活を振り返ってみて、社会に出る前にもう一回「働く意味」を考える時間をいただけたことがすごくありがたかったです。あと、NNSに参加出来たことで、この業界に内定いただけたことに改めて感謝を感じました。

参加した内定者33名で記念撮影

私自身、就職活動を経験する中で、さまざまな人に出会い、影響を受けて、考えが大きく変わるきっかけになりました。そして将来のなりたい自分や、たくさんの夢や目標が実現できる運命の会社とも出会いました。そのような『きっかけ』を自分の手でも与えたい!就活の楽しさを伝えたい!という思いが、私を実行委員長に駆り立てました。

しかし実行委員長という立場は自分が考えていた以上に困難な道のりで、リーダーとしての役割・必要性・孤独感に悩み、辛い時期が続きました。そんな私を支えてくれたのがNNSの仲間であり、皆の想いでした。自分と同じ思いを持つNNSメンバー33名全員が、就活生のためなら妥協しない、就活の楽しさ、運命の会社との出会いのきっかけをつかんで欲しい、そんな皆の想いを感じることで、自分をさらに強くしてくれました。

内定先のディアーズ・ブレインはもちろんNNSとの出会い、本来会うはずのない最高の仲間との出会い、就活生との触れ合いなどを通じて皆でひとつのものを創り上げる喜びを感じられたことに、私は今、心から感謝しています。この時間をかけて創り上げた『絆』は、私にとっての一生のタカラモノです。NNSに協力してくださった方々、就活生、そして32名の同期みんな、本当にありがとうございました。

私は副リーダーとして、NNSを開催するための内定者集めと内定者との連絡係を務めていました。当初、去年の繋がりがあるから大丈夫だろうと甘くみていました。しかし、継続して参加する企業は思いのほか少なく、ほとんど一から内定者探しを行いました。内定者が『参加したい!』と言ってくれていても、内定先の企業から許可がおりない時には、心が折れそうになりました。しかし、リーダーをはじめ同期や他企業の仲間達の頑張りをみて、私も頑張らなくてはと思い、mixiなどのコミュニケーションツールを使って、NNSに参加して欲しい内定者へ直接メッセージを送りました。そして興味を持ってくれた内定者とこまめに連絡を取り合うようにして、最終的に【12企業33名の内定者】が集まりました。

何回かミーティングを重ねるうちに1人1人がNNSに参加すること、NNSメンバーと一緒にいることを誇りに思ってくれていて心から感動しました。NNS終了後、内定者のみんなに『本当にNNSに参加できてよかった!』と言われた瞬間、嬉しくて涙が出ました。

私は就活生とのメールのやりとりや振込の管理をしていました。当初想像していたより根気のいる大変な仕事でしたが、振り返れば就活生との距離が一番近い素敵な役割でした。NNS当日、何人かの就活生が「メールをくださった奥田さんですよね?」と声をかけてくれたり、170名の就活生が来場してくれたのを見て、今までコツコツ行っていたことが結果となって返ってきて本当にうれしかったです。また、就活生の皆さんの笑顔や真剣な顔をみていて、次に会ったときでも恥ずかしくない素敵な社会人になろうと心に決めました。

一緒に全力で駆け抜けた33名の仲間、そして当日共に素敵な時間を一緒に作り上げてくれた170名もの就活生の皆さん、本当にありがとうございました!来年私たちの意思を引き継ぎ、どんなNNSを作り上げてくれるのかが今からとても楽しみです!

このイベントの収益金は全額、Ring海外プロジェクトの活動資金として、フィリピンのスマラガ島にある高校の一部校舎新築支援に寄付されます。

NNS2010 NNS2011 NNS2012 NNS2013 NNS2014
TOP