Ring

TOP Ringとは 国内活動 海外活動 協力団体
ミャンマー インド ラオス フィリピン 中国雲南省
概要        

2006年に発足したディアーズ・ブレイン内定者を中心とした社会貢献活動「Ringプロジェクト」。
3年目を迎える今年、2009年度内定者が中心となったカンボジアの小学校建設プロジェクトがスタートしました。

私たちは、発展途上国であるカンボジアの子どもたちが未来への希望を持って健やかに学び、 成長・自立していけるようにNPO団体「セカンドハンド」と協力し、学校建設による支援を行っていきます。

私たち2009年度内定者は、カンボジア学校建設プロジェクトを実行するにあたって、カンボジアの歴史からカンボジアの環境、現状などを調べました。内定者の何人かのグループが、カンボジアについて調べ、資料にまとめました。この資料によってほとんど知らなかったカンボジアがどういう国か知りました。 確かにマスコミなどで発展途上国の現状などを知る機会はあったけれども、こうやって歴史を知り、そして今の生活について知っていく中で、なかなかすぐには受け止められない複雑な感情、同じ時代を過ごしているとは思えない非現実性を実感するようになりました。

さらに、セカンドハンドさんから課された宿題として、映画『キリング・フィールド』の鑑賞がありました。インターネットや本では得られないカンボジアの過酷な環境というものを感じました。

そして2008年12月。プロジェクトメンバー全員で現地を訪問しました。


光り輝く青空の下、私たちは駆け出しました。
待ちに待ったカンボジアの小学校での開校式。全く整備の行き届いていない車道は、車の中の私たちを大きく揺らしながら小学校へと導きました。トマー・サムリエン村では、小さな子どもから大の大人まで100人を超えるのではないかという大人数で私たちを出迎えてくれました。日本とカンボジアの国旗をふり、「コーンニチハ!コーンニチハ!」とこの日のために覚えてくれた日本語で大きく挨拶してくれました。

開校式は村人たちの笑顔に包まれながら進みました。現地の言葉に翻訳された絵本、ハンドメイドの建設記念プレート、内定者19人と同じ数の記念植樹の贈呈を行ったときには、子どもたちは恥ずかしがりながらもしっかとりと受け取ってくれました。村人たちと行うテープカットでは、それぞれの想いを胸にハサミを入れていき、終わったときは、大きな拍手で学校が包まれました。

   
小学校に向かう四駆
 
多くの村人に歓迎される
 
郡長さんの挨拶
   
代表小岸の挨拶
 
テープカット
 
内定者19名と同じ数の植樹を贈呈
   
ハンドメイドの建設記念プレート
 
現地語に翻訳された絵本の贈呈
 
絵本に釘付けの子どもたち
開校式を終え、日本ならではのBGMを聞きながら運動会が始まりました。数ヶ月前から「参加者がみんなが楽しめる」をテーマに企画したプログラムが進行していきました。
大人も子どもも本気で戦った綱引き、様々なアクションを起こしつつ走る障害物競走、じゃんけんNo.1を決めるじゃんけん汽車ポッポ。そして最後にはカンボジアに代々伝わる伝統的なクメールダンスを村人たちと一緒に踊りました。どの競技も私たちの期待をはるかに上回る盛り上がりで、子どもも大人も大喜びのうちに終わりました。
   
日差しを避けるため大きな木の下で実施
 
準備運動前に整列
 
綱引きに大熱中の子どもたち
   
仮装ありの障害物競走
 
じゃんけん汽車ポッポ
 
大人も楽しんだカンボジアの伝統的クメールダンス
昼食後に行われた交流イベントの「塗り絵」では1枚の布を隙間なく子どもたちが囲み、思い思いの色使いで塗り絵を楽しんでいました。私たちでは想像もできない完成された塗り絵を見て、みんなつい笑顔がこぼれました。

自由な時間が出来るとすっかり慣れてきた子どもたちは大きな目と声で、一緒に遊ぼう!とせがんできました。子どもたちのむじゃきで元気いっぱいのパワーに圧倒されながらも、肩車をしたり、水遊びをしたり、じゃれあったりと子どもたちと直接触れ合う時間となりました。

「これが笑顔のRingだ!」

皆がそう思ったに違いない。そんな時間が流れていきました。

別れのとき。私たちと村人たちの間には、カタチのない何かが創り上げられました。その何かは一人ひとりの心に咲いて決して消えることはないだろう。最後の最後まで涙はなく、笑顔の村人たちに精一杯手を振り、村を後にしました。 私たちは共に生きている。私たちは共に笑っている。さあ、空を見よう。

Under the same sky・・・。

日時: 2008年12月15日(月)
場所: トマーサムリエン小学校
   
想いのままに塗られた絵
 
みんなで長縄跳び
 
強い日差しの中、水遊び
   
元々あった小学校
 
新たに建設された小学校
 
小学校の教室
みんなで記念撮影
概要        
TOP