Ring

TOP Ringとは 国内活動 海外活動 協力団体
ミャンマー インド ラオス フィリピン 中国雲南省
概要 セレモニー 感想と子どもたち    

今回の海外プロジェクトは、NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンさんにご協力頂き、
インドのバリンド村に小学校を支援することになりました。
「これはお薬だから、飲めば病気が治るわよ。」

母はそう言って、ある薬を息子に飲ませました。
薬には、「飲むな!危険」と説明が書かれています。
しかし、母は文字が読めなく、息子はその農薬を飲んだため、息絶えてしまいました・・・。

これは実際にインドで起きた事件です。

ラジャスタン州にあるバリンド村でも、学校設備が不十分であったり、貧困のために小学校に通うことなく
成人になったりする人々がたくさんいます。

バリンド村には300ほどの家庭があり、1000人以上の人が暮らしています。
半砂漠化状態に位置していたり、都会から遠く離れた奥地にあったりするため、多くの社会的、経済的問題を抱えている村です。

母は小学校に入学しました。
しかし、快適に勉強するにはほど遠い環境でした。先生はいつも言っていました。

「私は勉強を教えているけれど、研修を受けたわけじゃないの。
 しかも教室は薄暗いし机や紙も無いから、子どもたちは十分に勉強が出来ないわ。」

母はある時、小学校を中退しました。
貧困ゆえに働きに出なくてはならなくなったのです。
このようにインドでは、学校で十分に教育を受けられない子どもが全体の約3割を占めています。
そのため非識字者は3億8,000万人も実在しています。

中退となった母は働き、早くに結婚させられました。
インドでは結婚の際、女性が男性に多額のお金を支払う風習があります。
女性よりも男性優位という価値観が深く根付いていて、女性差別が問題となっています。

その後、母は男の子を出産しました。
しかし息子は小学生になった時、病気にかかってしまいました。

ある日、母は薬を手に入れました。
「これを飲めば息子は治るわ。」

その薬には、「農薬。飲むな!危険」と書かれています。
そう、母は非識字者であり、薬の説明など読むことが出来なかったのです・・・。

このような環境があると知った私たちはRing活動を通して、
インドの子ども達が安心して学習できる環境を整え、子どもたちの夢がより広がるような環境を作りたい!という想いのもと

「Shining Dream 〜夢が輝き続けるステージ〜」

というコンセプトを掲げました。

この想いを軸とし、Ring活動を通して自らも成長しながら支援させて頂きたいと思います。

   
小学校の建設予定地
 
みんなで集まってミーティング
 
学校で学ぶ子どもたち
概要 セレモニー 感想と子どもたち    
TOP